ソバカスとシミは違う?

ソバカスとシミは違う?

シミとソバカスは一見とても似ていますが、実は全く別の物です。
ソバカスは比較的幼いころから現れることが多く、頬や鼻の周りに小さな斑点のように出てくる色素沈着になります。
このソバカスの原因には遺伝的な要素があり、消したり薄くしたりすることは難しいのですが、年齢を重ねるとともに薄くなっていうことが多くなっています。
逆に、シミは20代後半くらいからみられる現象で、こちらはお肌の加齢によって起こってきます。
紫外線を浴び続けることでお肌に溜まった締まったメラニン色素が沈着し、排出しきれない状態になると、シミとなっていきます。
そのため年齢を重ねるとともに浴びてしまった紫外線量が増え、シミは濃くなっていきます。
年齢と共に薄くなるといわれているソバカスも紫外線を浴び続けることで濃くなってしまいますので、日焼け止めなどをしっかりと使うことは大切です。
日々の紫外線対策を施すことは、若い世代にとってはソバカスを濃くしないケアになり、年齢を重ねた場合でもシミが出来にくいお肌を作っていくことができるということにつながっていきます。